転職について

転職をする際、給料がアップするのでしょうか。そのためには、今日まで自分がやってきた仕事や得意なこと、スキル向上のための今後の展望などをアピールすることです。企業側を納得させることができるだけの自己アピールできれば、給料アップも容易いでしょう。仕事を選ぶに当たって、正社員を目指す傾向は以前から変わらないでしょう。利点は大きいです。ですが、実のところは正社員として働かないほうが割がよい仕事もたくさんあって、どちらがより良いのかは、計算が必要だといえます。

35歳転職限界説はよく聞かれますよね。これは35歳を超えると転職が不可能となるという説です。本当にこの説は正しいのでしょうか?現時点では、35歳転職限界説は既に過去の話となっています。現在はどの企業も生き残るために懸命の努力を行っていますから、年齢だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。就活での面接で注意すべき点は、マニュアル的ではない自分の言葉で、面接官が「なるほど」と思える会話を心がける姿勢が大事です。面接官の共感を得るためには、相手に伝わりやすいように会社の情報を事前に調べておくなどの下準備もしておくべきでしょう。

ボーナスを貰い、退職をして、やりくりをしながら、新しい職を探せばよいと就職難になりやすいですからご注意ください。いくらボーナスを受け取って退職しても、じっくりと落ち着いて検討をしましょう。家族に転職についての相談を持ちかけても、適当な指示をしてもらえるとは考えないでください。今のあなたの職場での状況を家族はちゃんと把握していないからです。転職したい理由を話しても「へーそうなの」程度しかわかってくれないこともあるでしょう。というような言葉で、すませられてしまうこともあります。

このページの先頭へ