転職について

ボーナスを貰ってから退職をして、やりくりをしながら新しい仕事を探せば良いかなと簡単に考えている方は、就職難になりやすいですから注意してください。いくらボーナスを受け取ってその後の仕事先が見つからないと、本末転倒です。転職する時には計画を立てることが重要ですので、入念に考えましょう。転職する際に、大手企業を選べば、基本的には、収入が増えるので、転職の際に大手企業を目指した方が良いでしょう。大企業では年収700万円〜800万円もさほど珍しいことではないようです。中には、年収1000万円という方もいるので、

転職する時に、身内と話すことはすごく大事なことです。ただ、助言が欲しければ、仕事についてよく知っている会社の人に相談した方がいいかもしれません。仕事仲間だからこそ、できる助言があるのではないでしょうか。同僚が信用できない場合は、違う仕事に変わったことのある知人に相談してもいいでしょう。無職の期間が長い場合、転職しづらいかどうかは、無職期間にどんなことをしていたかによっても、違う結果になってきます。前の仕事を辞めてから、職業訓練校に行って資格を取ることができていたり、してきたのであれば、逆に、良いイメージを与えられるでしょう。

昔は、35歳転職限界説も、どう扱うかが難しいため、採用を見送る企業が少なくなかったのです。ですが、今日は年功序列のシステムが機能しなくなったため、35歳以上でも有能であれば採用を決定する企業が少なくなくなりました。転職における履歴書の書き方がわからないと思っている人もおられるでしょうが、近頃では、ウェブサイトに履歴書の書き方の模範なども掲載されているので、参考材料にして、履歴書を書かれてみるのもいいでしょう。やめておくべきです。自分で考える必要があります。

このページの先頭へ