転職について

有利になることは多いと思われます。人事部を担当していた際に面接で思ったことは、働いたことがある人の方が受け答えがハキハキして、好感が持てるということです。社会経験を積んでいるか否かはこういう場所においても出るのではないかと実感しました。転職に有利な資格を取得しておくと、いざという時にも便利ですね。そのような資格には例えば、TOEICがあります。TOEICとは、自己の英語能力を証明する資格のことを指しています。グローバル化が進んでいる今日、ある基準を満たす英語力を有する人材をどのような業界でも英語力の高い人材を求めているので、転職する場合に、非常に有利な資格だといえます。

賞与を貰ってから転職をした方が収入も増加しますし、いいと思います。退職する時期をボーナスが入る月とお考えの人もたくさんいらっしゃると思いますが、次に働く会社を決めておいた方がいいでしょう。最良なのは、賞与月に退職し、その後、新しい会社にすぐに就けるように動くことです。会社にとって有望な人材だと判断してもらうことができた場合は、35歳以上でも転職を諦める必要はないと理解してください。確かに、若い方が採用されやすいですが、即、結果を出すことを求めているような企業の場合、経験、知識を兼ね備えた30代の労働力を求めています。ですので、35歳を過ぎているからといって、再び職に就くことを諦める必要はありません。

転職理由として無難なものといえば、スキルアップしたいためという理由が与えにくいものではないでしょうか。スキルアップを図るとためという理由であれば、支障がないだけでなく、入社後もさらなるスキルアップを目指しているというボーナスを受け取って退職をして、やりくりしながら次の仕事を探せばいいのではと就職難に陥りやすいのでお気をつけください。それ以後の仕事が決まらないようでは、本末転倒です。転職する時には計画性が重要となってきますから、念入りに検討しましょう。正社員として採用してもらえない原因は、本人の意識にあるでしょう。志望するその企業で働き、何がしたいのかがちゃんと決まっていないため、やりたい仕事がわかって、熱意を伝えることができれば学歴により、差が生じるかもしれませんが、正社員として受かる確率は高くなるでしょう。

このページの先頭へ