大阪市淀川区で介護事務の転職情報を探している方は、こちらの介護専門の無料サポートがおすすめ。

希望の条件を伝えると、1週間以内に条件に合致した複数の案件を紹介してくれます。

▼転職無料相談はコチラ▼
大阪市カイゴジョブ


こんな方にも安心

介護専門の転職サービスは、以下のような悩みを持っている方にも安心して使えます。

大阪市淀川区の介護事務転職求人

  • もっと給料が欲しい
  • 土日休みが欲しい
  • 忙しすぎて嫌
  • 大阪市で探しているけど見つからない

給与の交渉、待遇の交渉も併せて行ってくれます。

介護職専門、無料の転職サポートをぜひ活用してみてくださいね。


転職について

大手の企業に転職をした場合、一番違ってくるのはボーナスになってくるでしょう。中小企業の場合だと少ないボーナスだったり、業績によってはゼロという場合もあります。仮に、給料は同じ40万円でも、ボーナスが無ければ480万円というのが年収ですが、ボーナスが一年に二回、あったとすれば、それだけ年収には差が出てくることになります。会社にとって適切な人材だと判断されれば、35歳以上でも転職を諦める必要はないと理解していいです。確かに、若い方が採用されやすいですが、即戦力の人材を求めているような会社では、迎え入れることが可能な状態になっています。そんなわけで、35歳を超えている場合でも、再び職に就くことを諦める必要はありません。

転職するときの履歴書に、前職の会社名や勤務年数などの略歴をそれを読む採用担当の方にこれまでにやってきた仕事をどんな部署で、どのような仕事をして、どういった成果が残せたのかやスキルが身についたなどの説明を記入することで、注目されやすくなります。就職活動での面接で気を付けるべき点は、良い第一印象を持ってもらうことが基本的で、しっかりと自分の言葉で、面接官と意思疎通を図る姿勢が大切です。面接官に同調してもらうためには、分かりやすいように話さなければなりません。会社の情報を予め把握するなどの下準備もしておくのが得策です。

みんなが今、就いている職は、その職が好きで働いている人もいれば、日々の生活にかかるお金を得るためだけに就いた人もいると思います。その仕事に惹かれて働いている人でなければ辛抱できないこともあるでしょう。他にやりたいことがあれば、働く中で、耐え難いことがあったとしても転職の時、どの点に気をつけたら前職より多く給料をもらえるのでしょうか。今までの仕事内容や具体的に転職先の会社に企業側を納得させることができるだけの自己アピールできれば、給料アップも容易いでしょう。

▼こちらをクリック▼
大阪市淀川区で介護事務求人

このページの先頭へ