転職について

転職をした時に祝い金が受け取れる転職サービスもあるにはあるのですが、たとえ祝い金が貰えたとしても、12回の分割で転職サービスの中でも、お祝い金制度が無い方が、良質の求人情報を集めていたり、面接に通りやすくなる場合もあります。仕事探しの秘訣はハローワーク、求人のサイトの利用でしょう。定年後のシルバー層が対象の人材バンクもあり、その人にマッチした仕事を紹介する所もあります。人材バンク、人材紹介会社などを見つけて、経歴などを登録し、適職を探すのが最も効率の良い求職方法ではないでしょうか。

転職の際に、普通求められるのはすぐ使える人材であることなので、異なる業界に転職する場合は年齢、経験の不利を埋めるほどの何かがないと勤め先を見つけるのは厳しいでしょう。すぐに結果を出せるような人に来て欲しいので、経験がなくても採用するところは多くは存在しません。使える資格を取るとか、勉強しておくといった努力が大切になります。仕事をしていない無職期間が長すぎると転職がしづらいので、短い期間で転職を完了するように心がけて行動を起こしましょう。無職期間の長さについて、面接官がつっこんできいてくることもありますから、無職である間に何をしていたのか、明確に返答できるように心の準備をしておきましょう。

異業種への転職に成功する人もいるため、やり方を考えればできます。とはいえ、その際には覚悟しなくてはいけません。場合によっては、なかなか決まらず、転職活動が長期化することもあります。20代でしたら色々なことをすぐに吸収できますから、未経験でも採用されることがありますが、30代になってしまうと、やはり新しいことを覚えにくくなるので、採用が決まりにくいのです。昔は、35歳を超えると転職は無理になるという説も、結構真実を語っていました。35歳以上の人が中途で入社してきてもどのように扱うかが難しいので、採用しないところが多かったのです。けれども、今は年功序列が崩れたため、35歳を超えていても有能であれば採用を決める企業が多くなりました。

このページの先頭へ