新潟市中央区でケアマネージャーの転職情報を探している方は、こちらの介護専門の無料サポートがおすすめ。

希望の条件を伝えると、1週間以内に条件に合致した複数の案件を紹介してくれます。

▼転職無料相談はコチラ▼
新潟市カイゴジョブ


こんな方にも安心

介護専門の転職サービスは、以下のような悩みを持っている方にも安心して使えます。

新潟市中央区のケアマネージャー転職求人

  • もっと給料が欲しい
  • 土日休みが欲しい
  • 忙しすぎて嫌
  • 新潟市で探しているけど見つからない

給与の交渉、待遇の交渉も併せて行ってくれます。

介護職専門、無料の転職サポートをぜひ活用してみてくださいね。


転職について

大手の企業に転職をした場合、給料がアップすることが多いですが、ボーナスの額でしょう。中小企業はボーナスが少なかったり、業績によってはまったくないなんてこともあります。月給が同じ40万円だったとしても、ボーナスがないと年収は480万円ですが、一年に二度、ボーナスがあれば、年収にそれだけの差が出てくることになります。35歳転職限界説はよく聞かれますよね。この説は35歳以上になるとまだこのような噂がありますが、本当は、どうなのでしょうか?35歳転職限界説は今日においては、もはや過去の話となっています。現在はどの企業も生き残るために懸命に努力していますから、35歳以上だからという理由だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。

皆さんが現在行っている仕事は、好きな職種を選んで、その仕事に就いた方もいれば、給料をもらって生活するためだけに働いている人もいると思います。その仕事に惹かれて働いている人でなければ仕事を続けるのが難しくなることもあるでしょう。他にやりたいことがあれば、働いている中で嫌なことがあっても職場を探すに当たって、正社員を目指す傾向があるのは、昔から変わらないものです。正社員の利点は決まった収入が得られることです。保険やボーナスに関してもメリットは多いでしょう。とはいえ、実際は正社員でない方が得する仕事も多数あって、どっちが良いかはじっくり計算してみないとわからないでしょう。

英語が堪能だと、就職活動で有利になるかというと、有利になる可能性が高いでしょう。楽天が有名ですが、社内公用語が英語限定だという企業も英語に強いと、他の求職者に比べて有利に事が運びます。履歴書に記載できる英語力を証明する資格を取ると良いでしょう。仕事をしていない無職期間が長すぎると転職がしづらいので、できることなら退職をしてから短い期間で転職を完了するように気をつけて行動を起こしてください。無職の時期の長さを面接官が気にしてきいてくることもありますから、無職の時期はどんな生活をしていたのか、はっきりと答えられるように準備しておきましょう。

▼こちらをクリック▼
新潟市中央区でケアマネージャー求人

このページの先頭へ