転職について

転職活動の際は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を持っていれば合否の決定に役立ってくれることもあるかもしれません。MOSは、マイクロソフト社が公認しているPCスキルがあることについて証明してくれる資格なのです。このMOSという資格を持つことにより、ほとんどの企業で当たり前に使われているマイクロソフト社のワードやエクセルなどを使用するのに必要な知識、技術を証明してくれるのです。求職活動に成功する秘訣はハローワークと求人のサイトを上手に使うことでしょう。近頃は、たとえば、高齢者対象のそれぞれに合った仕事を紹介してくれる所もあります。人材バンク、もしくは、人材紹介会社などを使い、履歴などを登録して、自分に合った仕事を見つけるのが仕事探しの最良の方法です。

一昔は、35歳転職限界説も、あながち嘘とは言えませんでした。以前は、年功序列だった関係で、35歳を超えた人が、途中で入社しても扱いづらいので、採用しないところが多かったのです。でも、現在は年功序列が崩れたため、35歳を超えていても能力があれば採用を決定する企業が少なくなくなりました。会社にとって適切な人材だと認定された場合は、35歳以上でも転職できると考えていいです。確かに、若い世代の方が採用される傾向がありますが、すぐにでも結果を出すことを求めているような会社では、経験と知識を兼ね備えた30代を迎え入れることが可能な状態になっています。なので、35歳を過ぎていても、再就職を諦めなくていいのです。

毎日仕事をしていると、どれほど恵まれた条件のストレスを蓄積しすぎると継続できません。ストレスの解消方法を不可欠です。大学を卒業して職を探そうとしても、希望通りの仕事に就くのは難しいです。それが原因で、仕事に希望を見出せずに辞めてしまって、新たな職に就いて、辞めてという負の連鎖にはまりがちです。向いている仕事に少しずつでも近づきたい場合は小さい頃からこれだという夢を持ち、努力することが大きなポイントです。

このページの先頭へ