転職について

転職の履歴書に前職の会社の名や勤務年数などのシンプルな経歴を書いているだけでは、それを読んだ企業の人事担当者に今まで頑張ってきた仕事を知ってもらえません。どんな部署でどんな仕事を行い、どういった成果が残せたのかやスキルを持つことができたかなどの説明を加えることで、注目されやすくなります。バイトの経験が就活において有利になることは多いと思われます。私が人事の担当をしていた際に面接で思ったことは、働いたことがある人の方がしっかり受け答えしており、社会経験があるかないかの差はこういう場所においても出るのではないかとつくづく思いました。

就職活動で成果を出すためには、押さえておかなければならないことがあります。それが就職活動の順序です。就活中に不快なことがあったり、人格を否定されたりするかもしれません。ですが、流れにそってするべきことをしていれば、職に就くことができます。挫折してしまわなければ、OKです。会社に必要な人材だと判断してもらうことができた場合は、35歳以上でも転職できると考えていいです。確かに、年齢が高くなると採用されにくいですが、即戦力の人材を求めているような会社では、迎え入れることが可能な状態になっています。そのため、35歳を超えていたとしても、再就職できないとは限りません。

転職後にお祝い金がいただける転職サービスといったものもあります。これを理由にして、利用する転職サービスを選ぶ方もいるみたいです。同様の転職サービスなら、けれども、受け取れるお祝い金の額は転職先の年収によっても変わってきますし、全て含めて有利となる転職サービスを選ぶようにした方がいいでしょう。職に就いてない期間が長いと、転職しにくいか否かは、無職の期間に何をしていたかによっても、異なってきます。前職を辞めてから職業訓練校に通って新たに資格を取得できていたり、転職に有利になるような活動をやってきたのであれば、面接を受ける時に話すことでかえってプラスの印象を与えることが可能でしょう。専門職の場合、求人の条件として指定された資格を持つことが条件などと記載のある求人もあるので、転職先に専門職を目指すなら資格を所持している方が有利です。さらに、資格を持つ人とそうでない人とでは、開きが出てくる

仕事をしていない無職期間が長すぎると次の職を得にくくなるので、なるべく退職してから転職を行うまでの期間を短くするように心がけて動いてください。無職期間の長さについて、面接官がつっこんで質問をしてくる場合もありますので、無職期間にどういったことをしていたのか、心の準備をしておきましょう。目標や夢を持たずに大学を卒業して職を探そうとしても、望み通りの職に就くのは難しいでしょう。それで、仕事にやりがいを感じられずに辞めてしまって、転職しても、また辞めるという悪循環に陥りがちです。向いている仕事に少しずつでも近づきたい場合は幼少期からぶれない夢を持ち、努力することが大きなポイントです。会社を辞めてから、特に何をすることもなく過ごしていただけだったり、していなかったりした時には、無職の期間が長引けば長引くほど転職に支障をきたすかもしれません。できるだけ面接官が納得するような訳を説明できるようにしておかなければなりません。

このページの先頭へ