転職について

英語が堪能な方が、就職活動で有利かと問われれば、メリットになる場合が多いでしょう。楽天などに見られるように、社内で話せる言葉が英語限定だという企業も存在しますので、選択出来る企業が広がって、有利な結果につながります。履歴書に記載できる英語力を証明する資格を取ると良いでしょう。転職活動の際には、どのようなことを心がけたら給料が上がるのでしょうか。そのためには、今日まで自分がやってきた仕事や得意とすること、今後のスキルアップについての展望などを詳しく転職先の企業に自己アピールすることです。企業側を納得させることができるだけの自己アピールできれば、給料も上がることでしょう。

高収入となるのでしょうか?基本的には、収入が増えるので、お給料にこだわるのなら大手企業を目指して転職したほうがいいでしょう。大企業のケースは年収700から800万円もそれほど珍しいことでは年収が約1000万円という方もいますし、明らかに中小企業に比べ、給料が高いといえます。大学を卒業される方が就活を始める時期については、遅くとも大学3年生の後期頃から始めることが望ましいです。一方で、既に卒業している方でまだ就職先が決まっていない人は、早く就職が出来るように、応募したい会社が求人の公示をした時には即行動に移すべきです。

転職の時、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取得していると採用へのアピールになってくれるかもしれません。MOSという資格はマイクロソフト社が公認しているPCスキルが一定レベルにあることを証明する資格になります。この資格があれば、ほとんどの企業において一般的に使用されているマイクロソフト社のワードやエクセル、パワーポイントといったソフトに関する知識やスキル等を証明できるのです。無職の期間が長い場合、転職しづらいかどうかは、無職期間にどんなことをしていたかによっても、前職を辞めてから職業訓練校に通ってやってきたのであれば、面接時に話すことによって逆に、良いイメージを与えられるかもしれません。。家族に転職についての相談を持ちかけても、適切な助言をして貰えるとは思わないでください。今のあなたの職場での状況を家族はちゃんと把握していないからです。転職したい理由を話しても「そうなの」くらいしか思ってくれない事だってあります。「思うようにしたらいい」といった風な言葉でさらっと終わる可能性もあります。

転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務年数などの略歴を記入するだけでは、わかってもらうことはできません。どんな部署で、どのような仕事をして、どういった成果を残したのかや技能を身につけたという説明を加えることで、採用担当者に興味を持ってもらえるかもしれません。

このページの先頭へ