転職について

就職活動での面接で気を付けるべき点は、まず、第一印象を良くすることで、マニュアル的ではない自分の言葉で、面接官と気持ちを共有しようと心がける姿勢が大事です。面接官に同調してもらうためには、分かってもらいやすいように話さなければなりません。会社の情報を予め把握するなどの下準備もしておくのが得策です。アルバイトをしたことがあるというのは、就職活動において大変有利になると思われます。人事部を担当していた際に面接で受けた印象は、好感が持てるということです。こういうところにも現れるのではないかとひしひしと感じました。

収入が増える場合が多いですが、一番差が出るのはボーナスの差となるでしょう。業績によっては出ないこともあります。給料が同じ40万円だったとしても、ボーナスが無ければ480万円というのが年収ですが、ボーナスが年に二度あれば、年収にそれだけの差が出てくることになります。大手企業への転職に成功すれば、給料はアップするのでしょうか?一般的には収入が増えるので、手取額にこだわるのなら大手企業への転職を目指すのがよいでしょう。ありません。年収が1000万円以上という人もいるので、明らかに大企業のほうが給料が高いといえるでしょう。

辞職後、だらだらと生きているだけだったり、失業給付を受けとるだけで、真剣に就職活動などを行っていなかったりすると、無職の期間が長ければ長いほど、転職の際に不利になるでしょう。できることなら、面接官が納得できるような理由を話すことができるようにしておきましょう。遅くても大学3年生の冬頃から始めるべきです。一方で、既卒の方でまだ就職していない人は、早く就職先が決まるように、応募したい会社が求人を募集した時から早めに活動するのがいいです。

このページの先頭へ