転職について

中小企業は様々な経営上の問題を持っているので、中小企業診断士の資格を取得していれば、転職するに際しても中小企業診断士は、中小企業の持っている問題を診断して解決したり、経営に関する助言を行う専門家ですので、経営コンサルタントと同等の役割だと考えて間違いありません。仕事を変えたいと思ったときには、このMOSという資格、実はマイクロソフト社が公認しているPCスキルが一定レベルにあることを証明するとても取得する意味のある資格です。この資格があれば、今やほとんどの企業で普通に使われているマイクロソフト社のワードやエクセルなどに使われる知識やスキル等を証明できるのです。

一昔は、35歳を超えると転職は無理になるという説も、全くの嘘とは言えませんでした。以前は、年功序列だった関係で、35歳を超えた方が、中途で入社してきても採用を見送る企業が少なくなかったのです。でも、現在は年功序列が崩れたため、35歳を超えていても有能であれば積極的に採用する企業が少なくなくなりました。ブラック企業であることが理解できていれば、そのような企業に就職する人はいません。しかし、退職したいと思っても、将来の生活のことを考えると、辞められないケースもあるでしょう。無理して勤務し続ける必要はないのです。

転職するとなると、転職先が期待しているスキルに近い資格を取得していた方が有利になる場合もあります。しかし、最近では、資格がなくてもキャリア実績のある人の方が就職に有利なこともあります。退職原因が人間関係である場合に、そのまま人間関係を転職の理由とすると、相手企業側の人事担当者は、あっさりと辞めてしまうのではないか?」と不安視してしまうでしょう。退職理由を素直に伝えるのではなく、穏便な転職理由を考えておくと転職活動を円滑に行うことができるでしょう。

このページの先頭へ