転職について

ブラック企業であることが判断できていれば、ただ、退職したいと考えても、辞めるに辞められない場合もあるのではないでしょうか。でも、健康な体があるからこその生活ですし、体を壊さないうちに辞めた方がいいです。就職活動で面接をする際に気を付けるべき点は、基本的には最初のイメージを良くすることで、形式ばっていない自分の言葉を使って、面接官が共感出来るように話す姿勢が意思疎通のためには、分かりやすいように話すことが重要です。

当たり障りがないだけでなく、悪い印象を与えないというのが、転職理由を考慮する上で、最も大切なところとなります。人間関係、職場の待遇への不満などが原因で退職する人もよくいますが、人との関係の修復が不可能で退職したと人事側が解釈することもあるので、どうしてもあなたの印象がマイナスのイメージになってしまいます。転職の際、資格がないことに比べて転職先が要求するスキルに近い資格を取得していた方が有利かもしれません。しかし、最近では、求められているのは資格よりもキャリア実績ですから、資格をとっていなくてもキャリア実績のある人の方が就職に有利な場合もあります。

転職後にお祝い金を貰うことの出来る転職サービスなどもあります。これを理由にして、利用する転職サービスを決定する人もいるみたいです。お祝い金が出る方がいいですよね。ただし、貰えるお祝い金の金額は転職先の年収で違ってきますし、全てひっくるめて、ご自身にとって有利となる転職サービスを選ぶようにした方がいいでしょう。転職したい時は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を持っていれば採用の決め手になってくれるかもしれません。このMOS、実はマイクロソフト社の公認の一定レベル以上のPCスキルがあることを証明してくれるとても取得する意味のある資格です。この資格があれば、ほとんどの企業において一般的に使用されている知識とか技術が証明されるのです。英語が堪能な方が、就職活動で有利かと問われれば、メリットになる場合が多いでしょう。楽天みたいに社内の標準言語が英語に限るという企業もあったりしますから、英語に堪能であれば、他の求職者に比べて有利な結果につながります。履歴書に記載できる英語力を証明する資格を取得しておくのが得策でしょう。

35歳転職限界説を聞いたことはありますよね。これは35歳以上になると転職できなくなるというものです。今でもこのような噂がありますが、本当に、そうなのでしょうか?結論としては、35歳転職限界説は現在では有効ではなくなっています。現在はどの企業も生き残るために年齢だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。

このページの先頭へ